忍者ブログ

!ランキング参加中!


ランキングに参加中です。
1日1クリックよろしくお願いします!
管理人の自己紹介
HN:
 I 
性別:
非公開
職業:
脱力をめざす人。
趣味:
ガンプラ、空想
自己紹介:
数年のブランクを経て、ガンプラに再度はまりました。技術はありませんが愛はあります。確かです。

エアブラシは買えず、筆塗装。
ガレージキットフィギュアにも挑戦中。大きなイベントには行ってレポを書いたりもしています!

ガンダム002udシーズンの機体全部制覇を目指していましたが断念。

好きな機体を好きなように作る!で今後はいきたいと思います。


■トラックバック、コメント大歓迎です!!

■リンクフリーです。貼るのも剥がすのも、ご自由に。
コメントで報告していただけると嬉しいです。
相互リンク(基本、模型関係でお願いします)全力で募集してます!!
@ai_ai_karin
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[01/09 Hiro]
[12/03 テリー]
[06/07 ひらりん]
[05/12 アイグラス]
[05/07 テリー]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キタ 「さらば幾島」。

とその前に、村岡に井伊の魔の手がー!!
やりすぎだよ、井伊。そこまでせんともー。
そして、家茂と天しょう院の仲も邪魔するとは、いい度胸しとる!かかってこーい!!(何様・・・)
まあ、ちょっと家茂はマザコンだけどね(←!)「母上様」と今回で何回言ったことか。

村岡の運命の日。
堂々としたその表情・態度に「さすが」の一言しかできず。
そして、篤姫が渡した内掛けを葵のご紋と言い切ったー。でも、そう、そうだよね、確かにー!!
言い切られた奉行もひるむ、そりゃひるむ。明らかにびびっとった。
命取ったら孫の代まで祟るだろうからね。

そして帰ってきた、内掛け。
それをはさむ様にして、大奥を出るといった幾島の姿にすでに泣ける。
もう一度内掛けを着た天しょう院の姿を見る幾島は「母」の目だよ。娘の晴れ姿をみる母の目だ。
「篤姫さま。」の一言にいろんな気持ちが詰まってるよね。

はい。もう涙がぼろぼろ出てる~。

やっぱり大奥を去るのね、幾島。でも、その理由も理解できちゃうからくやしいYOッ!!
新たな出発の日でした。

さーて、来週の篤姫は?
とうとう井伊が暗殺される!あれだけ殺しちゃったらねえ。しょうがない。


PR
今日で、第30回目を迎えたが、なかなかに「できた」ドラマだと思う。
いままでにいくつか大河ドラマをみてきたけれど、いわゆる私が「はまった」のは、徳川吉宗以来。実に、10年以上ぶり?

江戸時代末期を生きる女性の姿を、ホームドラマ的にかつドラマティックに演出しているこのドラマ、
人間模様がおもしろいッ!!
主人公、篤姫のまっすぐな性格と、それを支え、または感化されていく周囲の人々、それぞれに味がある。
観て、しばらくしてもその作品について考えてしまうくらいの後味の良さ。
来週が楽しみになる感覚。
素敵 す ぎ る !

今週からは天しょう院としてのスタート、波乱な人生の波がまたきますよ~ 自分の存在を改めて徳川に見出した主人公の姿は泣けた。感動の涙。
時々邂逅で出てくる家定の姿にまた泣けた。これは、悲しくてー。

そして、とうとう、なんとッ
ドラマ初頭から活躍していた「幾島」がとうとう大奥を出ると言い出したーッ!!
先週の予告から予想はして、「とめてくれ、篤姫!」と思っていたが、いざその場面になると、
幾島の旅立ちは必要であるような雰囲気で、よくできた演出じゃ。これは認めるしかないではないか!
来週は「さらば幾島」  


もう泣くしかありません。


きっと感涙。

カウンター
Copyright © 2008 片手にニッパー All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS